白馬館について

白馬館について

株式会社白馬館は明治28(1890)年頃創業の白馬村<ヤマキ旅館>を前身とした、白馬山荘をはじめとする各山小屋、栂池<鐘の鳴る丘ゲレンデ>のオーナー会社です。

<ヤマキ旅館>の当主、後に白馬岳開山の恩人といわれる松沢貞逸(当時16歳)は、明治39(1906)年日本で初めての営業山小屋(白馬山荘の前身)を創設。その後大正5(1916)年、<ヤマキ旅館>を白馬館に改名。昭和46(1971)年、
個人経営から株式会社に改組。株式会社白馬館として現在に至ります。

松沢貞逸 翁についてはこちら

所在地

本社

〒399-9301
長野県北安曇郡白馬村大字北城6307
電話:0261-72-2002

白馬駅前案内所

〒399-9301
長野県北安曇郡白馬村白馬駅前
電話:0261-72-3000

東京案内所

〒104-0061
東京都中央区銀座2-9-12
森田ビル2階電話:03-3538-5200

主な事業内容

  • 北アルプス白馬岳一帯山小屋経営
  • スキー場経営(栂池スキー場)
  • 旅行案内業務